農業をはじめたい人に

 近年の食の安全確保・環境問題、景気の悪化による雇用不安などにより農業への関心が高まっています。高知県新規就農相談センター(高知県農業会議、高知県農業公社とで設置・運営)への農業をはじめたい方、農業法人などに就業したい方からの相談も、この数年で大きく増えています。

 しかし、今日の農業情勢は厳しく農業をはじめるには、農業への意欲と情熱はもとより優れた技術や経営能力が必要となっていることから、就農へと進んでいく方は、そのうちの1割程度となっています。

 農業をはじめるには、どういう農業をやるのか、どこで就農するのか、どんな作物をつくるのかなど目標を明確にすることが重要です。まずは農業の情報(基礎知識)を集めることや、農業の体験をしてみることからはじめましょう。

農地が欲しい

高知県で農業にチャレンジしよう

 あなたがまったく農業の経験がなく、農地を持っていなくても、準備をすれば農業をはじめることはできます。農業をはじめる意思が固まったら、1年を通して安定した農業経営ができるよう、栽培技術などを身につけることからはじめます。次に農地や住居の確保、そして機械・施設の確保など準備を進めていきます。

 また、農業をはじめるには、農地や住居を借りたり、機械・農機具や施設などを購入する設備資金が必要になります。農業経営が軌道にのるまでの運転資金や生活資金も必要になりますので、必要に応じた自己資金を前もって準備しておくことが重要です。

 高知県農業公社では、「高知で農業をはじめたい」という方などに、農地の売買や貸借などのお手伝いを行っています。 高知県で農業をはじめたいと思ってはいるけど、何から手をつけたらいいのか分からないという方は、ぜひ高知県農業公社にご相談ください。

農地が取得したい

技術を身につけたい

資金が必要

HOME ページトップ▲